水まわりの住宅設備品プロショップ【住宅設備販売ドットコム】

検索
3つの安心をお約束!

施工発注でTポイントが貯まる!

Gass機器設置スペシャリストが居るお店!ガスコンロ・給湯器の設置はお任せ下さい!資格番号 G130100266

施工事例ブログ

取扱いメーカー

購入ガイド

購入する商品が取付可能か不安な方へ、取付け可能かメールで相談頂けます。

交換工事を依頼したい場所の現状を写真撮影してメールに添付してお送り下さい。職人がご希望の商品が設置可能か画像確認しメールにて報告します。併せて取付工事にかかる金額もお知らせしますので、ご納得いただけたらショッピングカートでご注文下さい。

 

お気軽にご相談下さい!

E-Mail:info@jyusetsu-hanbai.com
TEL:0120-525-999(フリーダイヤル)

(日曜・祝祭日を除く午後9:00〜午後6:00)


各商品の購入&取付工事前のチェックポイント

購入希望の商品が取付け可能か確認していきましょう!

   
     

トイレ・ウォシュレット、蛇口・水栓・洗面台・給湯器の取付工事希望の場合止水栓の場所を必ずご確認の上、取付工事前にお知らせください。

■ 一戸建ての場合

 

敷地内に「量水器」と書かれた蓋があります。この中に止水栓があります。

ここ以外に、止水バルブが付いている場合があります。止水バルプの蓋にバルプと書かれています。止水バルブが付いている場合は止水栓の位置と併せて教えて下さい。

止水バルブ

   

■ 集合住宅(マンション)の場合

管理人さんに止水栓・止水バルブの場所を聞いて確認して当店へお知らせください。

※ ご自身で取付工事を行う場合も必ず確認しましょう。

DIYでご自身でトイレ・水栓・洗面台・給湯器の取付を行う場合も必ず止水栓と止水バルブを閉めて、家の水道を全て止めてから水圧が下がるまでどこかの蛇口から水を流して圧力を抜いてください。※圧力が抜けた後、蛇口は閉めておいてください。


このページの先頭へ戻る

トイレ・ウォシュレット

1. トイレの給排水形式の確認

トイレの給排水形式には床排水タイプと壁排水タイプがあります。トイレ交換の際には、現在設置されているトイレと同じ排水方式の便器を選びましょう。

床排水タイプ

一戸建てやほとんどのマンションのトイレは床排水タイプです。
床排水タイプは便器の背中から壁との間に排水管が見えません。
壁から大きなビスの真ん中までの距離を測って下さい。

壁排水タイプ

便器の背中から壁との間に太い排水管が見えている状態のトイレです。 床から排水管の中心までの高さを測って下さい。

2. 交換希望箇所の現状の写真を撮る

トイレはタンク・便器・便座(ウォシュレット)にそれぞれの品番のシールが貼られています。それぞれの品番シール、給排水箇所を写真に納めます。

   

トイレ全体写真

 

給水管の位置写真

 

コンセントの位置写真

   

トイレタンクに貼られているメーカー名のシール

 

トイレタンクに貼られている品番シールの写真

 

便器に貼られている品番シールの写真

 

便座の蓋を開けると貼ってあるシール

 

便座の蓋に貼られているシールに品番記載がない場合は別途ウォシュレットに貼ってある品番シール

取付可能か確認するメールには下記を入れて送信して下さい


このページの先頭へ戻る

蛇口・水栓

1. 蛇口の種類の確認

取替工事を希望する箇所の蛇口の種類を確認します。蛇口・水栓交換の際には、現在設置されている蛇口と同じタイプのものを選びましょう。同じタイプであれば蛇口の取り付け穴や取付ピッチは各社共通ですので、ほとんどの場合お好きなメーカーの物に取り換えられます。蛇口のタイプが違っても(2ハンドルからレバー式にしたい等)水栓のタイプが同じものであれば変更可能です。

同じ壁付タイプなので、ひねる部分の形式が違っても変更可能。


蛇口の種類【キッチン水栓】

 

ワンホールタイプ
蛇口が台(キッチン天板)に取付けられていて穴が1つのタイプ

 

ツーホールタイプ
蛇口が台(キッチン天板)に取付けられていて穴が2つのタイプ

   

壁付タイプ
蛇口が壁に取付けられているタイプ

   

ワンホールタイプ

蛇口が台(キッチン天板)に取り付けられていて穴が1つのタイプ。※メーカーによっては一部取り付け穴が55mmのものがあります。その場合は変換アダプターを使うことによって交換できるようになりますのでお問い合わせください。

ツーホールタイプ

蛇口が台(キッチン天板)に取付けられていて穴が二つのタイプ。ツーホールタイプであれば、交換することが可能です。

壁付タイプ

壁に取付けられている蛇口です。 水とお湯の給水管の間は105mm〜225mmの範囲であれば交換できます。


蛇口の種類【シャワー(浴室)水栓】

 

壁付タイプ
蛇口が壁に取付けられているタイプ

 

台付タイプ
蛇口が台(浴槽のふち等)に取付けられていて、取り付け穴が二つのタイプです。

壁付タイプ

蛇口が壁に取付けられているタイプです。
水とお湯の給水管との距離は105mm〜225mmの間であれば全ての蛇口で交換可能です。

台付タイプ

蛇口が台(浴槽のふち等)に取付けられていて、取り付け穴が二つのタイプです。
給水管の取り付け穴と給湯管の取り付け穴の芯々の距離(ピッチ)が85mm、105mm、120mmと3種類あります。蛇口下に点検口がありますので、開けて蛇口を裏側から覗いてサイズをご確認下さい。


蛇口の種類【洗面台水栓】

 

ツーホールタイプ(ゴム栓式)
蛇口が台(洗面台)に取付けられていて穴が2つのタイプ。水を貯める時に鎖でつながったゴム栓をして貯めるタイプ

 

ツーホールタイプ(ポップアップ式)
蛇口が台(洗面台)に取付けられていて穴が2つのタイプ。水を貯める時に蛇口に付いている引き棒を引き上げることで、洗面台の栓を止めることができるタイプ

 

ワンホールタイプ(ポップアップ式)
蛇口が台(洗面台)に取付けられていて穴が1つのタイプ。水を貯める時に蛇口に付いている引き棒を引き上げることで、洗面台の栓を止めることができるタイプ

 

コンビネーションタイプ(シャンプー水栓)
蛇口が台の二つの穴によって取り付けられていて、本体とシャワーがそれぞれ独立しているタイプ。

ポップアップ式に変更する場合の注意点

※ ポップアップ式からポップアップ式に交換する場合、蛇口本体に引き棒は含まれておりません。現在の物を流用するか、お問い合わせください。
※ 現在TOTO製の蛇口をお使いでワンプッシュ式に交換したい場合もお問い合わせください。
※ 洗面用蛇口は一部特殊なタイプもあります。ご不明な場合はお問い合わせください。

ツーホールタイプ(ゴム栓式)

蛇口が台に取付けられていて穴が二つのタイプ。水を貯める時に鎖でつながったゴム栓をして貯めるタイプ。現在ゴム栓式をお使いの場合、ゴム栓式も一緒にご購入下さい。

※ 洗面用蛇口は一部特殊なタイプもあります。ご不明な場合はお問い合わせください。

ツーホールタイプ(ポップアップ式)

蛇口が台に取付けられていて穴が二つのタイプ。蛇口に付いた引き棒を引き上げることで、洗面台の栓を止め水を貯めることができます。タイプポップアップ棒用の穴位置はメーカーにより異なります。基本的に同じメーカーの蛇口と交換することをお勧めします。

ワンホールタイプ(ポップアップ式)

蛇口が台に取付けられていて穴が一つのタイプ。蛇口の取り付け穴は国内各社共通ですのでそのまま交換が可能です。ただし、ポップアップ棒用の穴位置はメーカーにより異なります。基本的に同じメーカーの蛇口と交換することをお勧めします。

コンビネーションタイプ

蛇口が台の二つの穴によって取り付けられていて、本体とシャワーがそれぞれ独立しているタイプ。交換する場合、穴と穴の距離は比較的どのようになっていても大丈夫ですが、両方の穴サイズの直径がワンホールタイプと同等サイズ(35?〜39?)である事をご確認下さい。(ワンホールタイプの蛇口を2個付けている感じです)

※ 洗面用蛇口は一部特殊なタイプもあります。ご不明な場合はお問い合わせください。


蛇口の種類【その他】

   

単水栓

水(又はお湯)のみ吐水する単水栓です。
現在、単水栓が設置されていれば基本的に交換可能です。


2. 交換希望箇所の現状の写真を撮る

交換希望箇所の現状を下記のポイントを参照し写真に納めて下さい。撮影後メールに添付してお送り下さい。

撮影ポイント

交換希望箇所の全体写真

各パーツ全体の大きさが解る写真

給水管の状態が解る写真

水栓の品番が解る写真

蛇口の品番は大体このような位置にあります。品番シールが確認できたら、できるだけ読み取れるように写真をお撮りください。


取付可能か確認するメールには下記を入れて送信して下さい

職人がご希望の水栓に交換可能か確認致します。取付工事も併せてご希望の場合、取付工事についての正式なお見積りをお出しいたしますので、ご納得いただけましたらショッピングカートでご購入下さい。


このページの先頭へ戻る

給湯器

1. 新しい給湯器を付けたい場所を教えて下さい

現在給湯器は付いていますか?現在ご利用中の給湯器の故障や老朽化等により交換したい場合は現在の給湯器の状況を写真に撮って頂きメール添付でお送りください。職人が画像を確認しお客様の設置希望箇所に合った商品をご提案します。また併せて取付工事をご希望の場合は取付工事にかかる費用についてもお見積りします。

2. 給湯器の配置系統の確認

また、給湯器には下記の6つの配置系統があります。配置系統毎に現在ご利用中の給湯器を交換する場合、同じ方式の商品をお選び下さい。

  1. 屋外壁掛け式
  2. 屋外据置式
  3. 屋外浴槽隣接式
  4. 屋内設置式
  5. PS設置式(マンション等のパイプスペースについていて外から見ることができる)
  6. PS扉内設置式(マンションなどのパイプスペースについていての中に入っている)

屋外壁掛け式

一戸建て住宅、マンションベランダの壁に取り付けられています。
見分け方:給湯器の下から配管が出ています。給湯器の側面から配管が出ていなければ壁掛け式です。「据置台」についている場合でも、側面から配管が出ていなければ壁掛け式です。
交換の場合、据置台も新しいものに取替えが必要です。

正確な見積もりを出す為にも、配管カバーをとった写真もお撮りください。

配管カバーは、写真のようなネジで止められている事が多く、簡単に外せます。
また、配管に凍結防止の保温材がまかれている場合、可能であれば、端を少しめくり配管そのものの写真もお撮りいただけると、正確な見積もりが出しやすくなります。

屋外据置式

主に一戸建て住宅に取り付けられ、家の横などに据置架台の上や地面に置かれています。
給湯器の側面から配管が出ています。裏側(建物側)に配管はありません。
浴槽に空いている穴は一つです。据置架台の上に設置されている場合、据置架台も新しいものに取り換える必要があります。

屋外浴槽隣接設置式

主に一戸建て住宅に取り付けられ、お風呂場に近い壁際などにブロックの上や地面に置かれています。

見分け方:給湯器から浴槽に向かって配管が2本出ています。裏面から太いパイプが2本出ているのでわかりやすいと思います。浴槽に空いている穴は二つです。

屋内設置式

見分け方:屋内に設置されており、排気パイプないしは吸排気パイプが給湯器に接続され、パイプが屋外に排気ガスを放出します。寒冷地仕様では比較的多くこのタイプが採用されています。方式によりFF方式・FE方式の二つのタイプがあります。
FF方式は強制送気管により、吸気・排気を強制的に行うタイプです。現在屋内設置型ではこのタイプが多いです。
FE方式は強制排気管で排気を屋外に送るタイプです。吸気は室内から自然吸気で取り込みます。

PS設置式

マンションの玄関横にあるパイプスペース(PS)に取り付けられています。
扉はなく、外から確認できます。取付確認用写真を撮る時は、パイプスペース内の配管も撮影してください。

PS扉内設置式

マンションの玄関横にあるパイプスペース(PS)に取り付けられています。パイプスペースの扉の中に設置されているため、確認する為には扉をあけます。扉に排気パイプ(前方排気型)があったり、近くから排気パイプ(後方排気型)が出ていたりします。見積もり用の写真を撮る時は、パイプスペース内の配管も撮影してください。


2. 交換希望箇所の現状の写真を撮る

交換希望箇所の現状を下記のポイントを参照し写真に納めて下さい。撮影後メールに添付してお送り下さい。


取付可能か確認するメールには下記を入れて送信して下さい

今ご利用の給湯器よりも号数が大きくできるかなどもご相談ください。
※お住まいの家の状況によっては号数を上げられない場合もございます。


このページの先頭へ戻る

ビルトインガスコンロ

1. ガスの種別の確認

ガス器具は供給ガスに対して適正なものを使用しないと不完全燃焼などをおこしたり火災の原因になってしまったりと、大変危険です。通常ガス器具にどのガス種別用かは記載されておりますが、必ずご契約されているガス供給会社に種別を確認し、当店に現在のガスの種別をお知らせ下さい。

※ 供給ガスの種類がLPガス、都市ガス13A・12A以外のガスの場合は当店で取り扱っているビルトインコンロは対応しておりません。


2. 交換希望箇所に設置されているガスコンロの天板のサイズを測る

交換希望箇所に設置されているビルトインコンロの天板の横幅・高さを測ります。

横幅は主流なものですと、標準サイズの60cm、ワイドサイズの75cmが多いです。
高さのサイズは22cmが標準サイズです。


3. ビルトインオーブンの確認(ビルトインオーブンが設置されている場合)

ビルトインオーブンが設置されている場合、排気口などの関係でアダプターが必要になる場合があります。ご希望のガスコンロと接続する為にオーブンのメーカー名・品番をご確認ください。


4. 交換希望箇所の現状の写真を撮る

下記の箇所を写真に撮って下さい。

天板全面と前面はできるだけよく見えるようにしてください。


取付可能か確認するメールには下記を入れて送信して下さい

※ その他アクセサリーのご希望がある場合もお知らせください。


このページの先頭へ戻る

洗面台水栓

1. 現在使用している洗面台の大きさ・間口を計測して下さい

洗面台の大きさを測ります。

洗面台本体の高さは、商品によりまちまちです。交換希望の商品が、その高さと同じまたは低ければ問題ないです。洗面台の上に上部キャビネットなどを取り付けている場合は、キャビネットとの間の高さの余裕などもご確認ください。
また、周りに扉などがある場合は、当たらないかどうか、干渉範囲も確認しておいてください。
床から天井までの高さも計っていただければ、上部キャビネットなどの取付が可能かどうかも確認できます。洗面台の上に梁があるような場合は、床から梁までの高さを計ってください。


2. 品番シール・給排水管の写真を撮る

洗面台の現状を下記のポイントを参照し写真に納めて下さい。撮影後メールに添付してお送り下さい。

※ 写真をとる場合、扉の中の物は外に出して撮影してください。また、現状の洗面台が引き出しタイプの場合、引き出しを外して撮影してください。


取付可能か確認するメールには下記を入れて送信して下さい

このページの先頭へ戻る

大家・業者様向け見積もりフォーム

富田店長

親切日本一を目指す水まわり専門店
店長:富田佳典
福祉住環境コーディネーター2級
証書番号 36-2-01317

店長の富田です。
購入前のご相談・購入後のサポート等、ご不明点や疑問等があればお気軽にお問合せ下さい。
どこよりも親切にご対応させていただきます!

キッチン水栓・シャワー・浴室水栓・洗面水栓・ガーデン水栓多数取り揃えております。
手洗器・洗面台、トイレ、タオルバーなどもお任せください!
掲載のない商品でもぜひお問い合わせください。
お電話・メールお待ちいたしております。


【営業日カレンダー】


【選べる決済方法】
●クレジットカード決済
対応クレジットカード
最大24回まで分割払い対応
●代引
佐川急便「e-コレクト」 ご利用可能
●後払いドットコム決済
各コンビニ・銀行窓口等でお支払い可能
●銀行振込




当店はTradeSafeトラストマークの認定審査に合格しております。安心してお買い物をお楽しみください。